ホーム > ワンニャンドック

ワンニャンドック

ワンニャンドックのお知らせ

当院では、病気の治療はもちろんですが病気にならない為の予防や日ごろの健康チェックも大事だと考えております。
まずはお問い合わせください。
コースのご案内

3つのコースからお選びいただけます。


●Aコース
【料金】 ¥4,320(通常¥5,730)
【検査内容】 身体検査 尿検査 便検査 直腸検査

●Bコース
【料金】 ¥10,590(通常¥17,400)
【検査内容】 身体検査 尿検査 便検査 直腸検査 +血液検査

●Cコース
【料金】 猫・小型犬 ¥19,230(通常¥26,040)
              中型犬以上 ¥21,390(通常¥28,200)
【検査内容】身体検査 尿検査 便検査 直腸検査 血液検査 +胸・腹部レントゲン(各2方向) 腹部超音波検査
オプション
尿検査・・・尿蛋白クレアチニン比[UPC] ¥1,080(通常¥1,620)
血液検査・・・甲状腺ホルモン[T4]、犬膵特異的リパーゼ[Spec-cPL]、心疾患[NT-proBNP] 各¥5,400(通常¥7,560)
ACTH刺激試験 ¥7,560(通常¥10,800)
猫免疫不全ウイルス(FIV)&猫白血病ウイルス(FeLV)検査 ¥3,240(通常¥5,400)
超音波検査・・・心臓超音波検査 ¥4,320(通常¥5,400)

※完全予約制です。まずはお問い合わせください。
※当日は、便と尿をお持ちになって絶食でご来院ください。
  13:00までにお預かりし、16:00以降のお返しとなります。
※検査のためのお泊りも可能です。
  その場合、ホテル、ホテル代10%OFF・トリミング代20%OFFになります。
※検査結果は報告書を作成し、後日ご説明いたします。(郵送可)
※ワンちゃん、ネコちゃんによっては検査項目により実施困難な場合があります。
※料金は全て税込です。

検査項目のご説明

コース
身体検査視診、触診、聴診、体温、血圧を測定します。
眼・耳・口腔内・皮フ・肥満の状態などもチェックします。
尿検査試験紙を用いて、尿蛋白・尿糖・ビリルビン・ウロビリノーゲン亜硝酸塩・ケトン体・潜血・pHを調べます。
比重計により尿の濃さ、顕微鏡にて尿中の細胞や結晶の有無を調べます。
便検査腸内の細菌状態と寄生虫の有無を調べます。
直腸検査直腸粘膜の状態を触診して調べます。
オスでは前立腺の大きさも確認できます。
血液検査自動血球計算装置では貧血の有無や感染の可能性などを検査し、血液生化学検査機では肝臓や腎臓など、各臓器が正常に機能しているかどうかを判定します。
レントゲン胸腔・腹腔内の状態をレントゲン撮影し評価します。
腹部超音波腹腔内蔵器の状態をリアルタイムに検査します。
腹部レントゲンと合わせて行うと、より詳細な部分まで把握できます。
オプション
○全てのコースに追加可能
UPC尿中の蛋白の量を測ります。蛋白は主に腎臓の病気で多くなります。
心臓超音波レントゲンでは診ることのできない心臓の動き・血流・弁や壁の厚さ等をリアルタイムに診ることができる為、心疾患の検出に優れています。

B・Cコースに追加可能
T4高齢のワンちゃんネコちゃんに多い、甲状腺疾患のためのホルモン濃度検査です。
Spec cPL膵炎に伴って増加する膵臓の酵素を判定します。(犬のみ)
NT-proBNP心疾患の検査には超音波検査が優れていますが、この検査は血液にて検出します。純血腫のネコちゃんに多い心筋症の早期発見に有効です。
ACTH刺激試験ワンちゃんに多い副腎皮質機能亢進症の検査です。
多飲多尿や多食、肥満、脱毛などが代表的な症状の為、「食べすぎて太っているだけ」と見過ごされ兼ねない病気ですが放置すれば命に関わります。
FIV&FeLV検査屋外に行く、あるいは行ったことのあるネコちゃんや、感染しているネコちゃんと同居している、又は野良ネコちゃんを保護して飼育している場合はこちらの検査をおススメします。